【フィリピン、セブ留学の不安】現地での食事、英語のなまり、語学学校の規則が心配です

セブ留学・語学学校の規則が不安

フィリピン留学のデメリットとして、アメリカ英語と比べるとフィリピンなまりが強いことが1つあります。人によっては何を話しているのか分からない程のなまりがある人もいるので、初心者にとって彼らから学ぶことはとても難しいでしょう。2つめには学校の規則が厳しいことです。

まだまだ発展途上国ですので、特に外出の規則が厳しくないと犯罪に巻き込まれる可能性があるので、先進国の語学学校と比べて規則が厳しいです。3つめは辛いものを好む傾向が強いフィリピンでは韓国料理が人気な為に、学校の食事に困る日本人が多いです。

語学学校の多くは規則が厳しい

フィリピン留学をする方が増えていますが、フィリピンの語学学校は規則が厳しいところが多いです。多くの語学学校では学校内で日本語禁止というルールがあり、先生との会話はもちろんですが生徒同士でも英語で話さなければいけません。ですが、英語しか使えないという環境なので、あなたの英語力は確実に伸びます。

また、平日の外出禁止というルールがある学校もあるのですが、外出できないとなると、勉強をするしかありませんよね。少し厳しいように感じますが、勉強に集中することができ、一ヶ月でも自分の成長を実感できるはずです。

日本人経営の語学学校という選択肢もおすすめ

最近では留学と言えばフィリピンの”セブ島”と言えるくらいに流行っています。特に正規の大学や大学院ではなく語学留学を希望する人々の間では欧米よりもセブ島を選ぶ人々が増えてきています。しかし語学留学を希望する多くの人々の英会話力は上級者ではないので、語学留学という短期間であっても全く違う環境の中に身を置くことにストレスを感じる人々もいます。

そこで日本からの留学生に環境や食事の面でストレスを感じることがないように、セブ島では日本人が経営する語学学校があります。快適に英語を学ぶことが出来るので、日本人が経営する語学学校を選ぶということは学習に集中できて良いです。

語学学校では韓国料理がメインのところも

その確かな語学力向上カリキュラムの効果から留学する人が増えているフィリピンのセブ島ですが、実は意外な場面で困難にぶつかる留学生がいます。その困難とは、語学学校で提供される食事が韓国料理中心だということです。

語学学校には韓国人が多いため、文化的に仕方がないところもあるのですが、辛いものが苦手な人や他国料理に苦手意識がある人にとってはなれるまでに時間がかかってしまう恐れがあり、しばらく苦労するかもしれません。

セブ島のネット環境

フィリピンへの語学留学は格安で大変お勧めですが、少々インターネット環境が整っていない事もあります。普通に利用するには問題はありませんが、十分なインフラ設備が整っていない為に動画などの容量が大きいものは動作が重くなりやすくなります。語学学校では無線LANの設備が整っている場合が多く、パソコンを持ち込めば簡単に利用する事ができます。個人で契約すると料金が高くなりやすいので、この無線LANを利用する人が沢山います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る