【アメリカ、サンディエゴに短期語学留学】ホームステイで次から次へと出会いが

サンディエゴ留学

アメリカ、サンディエゴに短期語学留学に行ったことがあります。

短期という期間も幅が広く、今は2週間から体験できますが、私の場合は3か月です。

3か月でどこまで話せるようになるのかというのは、その人が既に勉強しているレベルにもよって違うと思いますが、私の場合は、特に英語教室に通ったわけではなく、ただ英語が好きで勉強したいなあと思いつつ、日常会話もままならないような人であれば、ヒアリングが若干できるようになるぐらいです。

最低限の会話力をつけるために宿泊先はホームステイに

日本人が一番苦手としているのはスピーキングだと思うのですが、スピーキングが日常レベルまで習得するには、少なくとも1年間は勉強が必要になると思います。

ほとんど話すことができない私でしたが、宿泊先としてはホームステイを選びました。英語を話さなければならない状況におけば、最低限の会話はできるのはないかと思ったからです。

語学学校に通っていれば、話せるようになると思われると思いますが、それだけでは不十分です。確かに授業では英語でのやりとりになりますが、先生はゆっくり聞き取りやすいように話してくれるので、比較的聞き取りやすいです。

また毎日会って話す人には緊張もなく聞くことができるようになりますが、初対面の人と話すときには緊張してしまい、いつもならできるヒアリングさえできなくなります。

ホームステイ先の家族とも毎日会う人たちではありますが、一緒に暮らすことによって、他の人との関わりも当然生まれます。離れて暮らすご家族が遊びに来たり、ご近所の方がお見えになったりするとそこで会話が必要になるのです。

お見えになれても、私が学生であることは理解してもらえると思うですが、どの程度英語ができるかはわからないので、とりあえず普通に話されます。そこで私がきょとんとした顔をしたら、この子は英語ができない子だと思われて、ゆっくり話してくれる人もいれば、話せないならとそっぽを向かれることもあります。

英語だらけの生活で疲れてしまうこともあるので、リラックスが大事

ホームステイをすることは英会話を習得する上では何よりの勉強になると思います。ただ日本人は自分の部屋にこもってしまう人が多いとよく聞きますが、その気持ちはよくわかります。英語を勉強しにきているはずなのに、英語だらけの生活に疲れてくるのです。

私は荷物を増やさないために、極力余分なものを持っていきませんでしたが、自分がリフレッシュできる日本のものを何か持っていけばよかったと思いました。音楽でも、本でも、マンガでも何でもいいのですが、頭を使わずにリフレッシュできるものがあればよかったと思います。せめて音楽だけでもあれば違ったのだと思うのですが、これも現地でCDラジカセを買ってラジオを聞けばこれも英語の勉強になると思ったのが間違いでした。英語に疲れないためには、英語漬けになりすぎない方がいいのかもしれません。

アメリカで生活すれば、当然英語が必要になり、英語漬けを考えなくても、生活自体が英語でないとできないのであれば、隙間を作ってあげるのも、貴重な体験を楽しめるこつかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る