【ブリスベン留学体験談】オーストラリア留学で出会った全ての人が財産。夫もその1人です。

オーストラリア留学

私が語学留学先に選んだのはオーストラリアの第三の都市ブリスベンでした。寒がりな私が留学先に選んだ決め手は、温暖な気候。夏はとても暑いですが、冬は沖縄と一緒くらいの気温でした。夏が長いブリスベンでは、冬はあっという間に終わってしまって、日本との違いに驚いたのを覚えています。

寒いのが苦手な私にはとても過ごしやすく、選んで大正解でした。語学学校は、渡航前にホームページで雰囲気を見て決定しました。教育機関はエンバシーCESです。

日本語が話せる担当者がいる語学学校を選んだのに、入学するといなかった

ホームステイ先も学校側に手配してもらいました。渡航前の私は、お恥ずかしい話ですが全く英語が話せず、語学学校を選ぶ際も日本語が話せる担当者がいる学校ということで選んだのですが、渡航し、入学当日に行ってみると日本語が話せる担当者は不在で入学担当者の話が本当に分からず泣きそうになりました。

話によると、一時的に日本語の担当者は一時的に帰国しているとのことでしたが、私が語学学校に通っている期間中戻ってきませんでした。英語が分からなかった私は、語学学校で知り合う日本人の友人に本当に助けられました。。。

今回の経験を踏まえ、これから語学留学を予定している皆さんには、現地で自分で見学し、学校を決めることをオススメします。

ホームステイ先で突然英語が話せるわけもなく、授業にも必死で付いて言っている私はホストファミリーとも残念ながらほとんど交流できませんでした。ホームステイは長期での予定では無かったので、渡航後すぐにシェアハウスを探し始め、台湾人がオーナーのシェアハウスで暮らすことを決意しました。

シェアメイトとは自分の英語を気にせず会話できた。そしてそのおかげで英語力がアップ

オーナー夫妻、シェアメイト(同じく台湾人)がとても良い方で、英語が出来ない私にも必死にコミュニケーションを取ってくれました。
学校での課題を見てもらったり、休日は買い物に行ったり。妹のようだと可愛がってくれて、すごく楽しい時間でした。

英語力もこの時期が1番伸びたと思います。オーナー、シェアメイトと話すのはもちろん英語。学校での授業では自分の発音が恥ずかしくて発言できないこともありましたが、シェアハウスに戻れば、それも気にせず夢中で話していました。シェアハウスを出る頃には、すごく英語力伸びたね!と褒められました。

留学中に出会った全ての人がかけがえのない友人。今の夫は留学中の友人です

積極的に自分から話をしないと英語は話せるようにはならないんだな。と実感しました。最後に語学留学で得られたのは英語だけではありませんでした。日本では体験出来ない英語の環境。そして世界中に友人が出来ました。留学中に出会った人は今でもかけがえのない友人です。現在私は結婚していますが、主人とも留学中に出会いました。子どもも昨年生まれ、この子も将来は世界に出て欲しいなと願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る