【オーストラリア、バースに短期留学】現地の生活、文化に触れながら日常英会話を学べるのが最高でした

オーストラリア・バース留学

私は留学ジャーナルを利用してオーストラリアのパースで短期留学をしたことがあります。期間は1ヶ月間で、日常的に使う英会話を学びに行きました。日本語でも流行り言葉や若者言葉というものはあり、言葉は常に変化し続けます。教科書に出てくるような英語だけでなく、英語圏のネイティブスピーカーが日常的に使うような英会話を学んでよりネイティブに近い英語を話すことができたら素敵だと思い、ネイティブの話す英語に近付けるような英語を学ぶために短期留学をしました。

ホームステイで現地の生活、文化を体験

留学先のパースでは、たくさんの価値のある経験ができました。私はホームステイをしていたので、現地の生活に触れる機会が多くありました。特に貴重だった経験は、ホームステイ先の子どもが通っている小学校でイベントがあり、ホストファミリーと一緒に小学校に行ってクラスの出し物である劇を見たことです。英語で全てを理解できる訳ではないので内容はわからない部分もありましたが、子どもたちの演技は上手で質が高く、現地の小学校で子どもたちや保護者と話したりできて楽しかったです。

海外の文化を知る良い機会でもあり、より深くパースのことを知ることができて嬉しかったです。苦労した点は、ホストファミリーや語学学校の生徒や先生に伝えたいことが伝わらないことが多かったことです。私のクラスはスイス人が多く日本人は一人もいなかったので、どうしても理解できないことがあった時、英語が上手で頼れる同じ国籍の人が身近にいる人を羨ましく思いました。

留学して積極的に自分から動くことができるようになったことが自分自身の良い変化

しかし、英語力向上のためには日本人が少ない方が良いのだと自分に言い聞かせ、コミュニケーションを上手にはかるために色々な工夫をしました。上手くいかない時もあり、この点で色々と苦労をしました。
私は今まで人と一緒に行動することが多かったり、人任せにしてしまうことがよくありました。しかし、留学して積極的に自分から動くことができるように成ったという良い自分自身の変化がありました。

私の通っていたプログラムは、英語力を身につけるだけでなく私と同じように現地の生活に触れたいという人にお勧めです。ホームステイ先や学校などの違った場所でたくさんの人に接することができ、テレビ番組や現地の料理など現地で生活しなければ触れることができなかった色々なものに触れることができ、それがとても面白いです。1ヶ月間はあっという間ですが、留学に興味がある人は時間のある夏休みなどを利用して短期留学し、楽しみながら英語力を身につけて欲しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る