高校時代、3年間カナダトロントへ単身留学。英語以外の教科も現地の学生と同じように学んだ充実の高校生活

カナダトロント留学

遠い昔の話になってしまいますが、高校時代に3年間留学しておりました。小学生の頃から、外国の方や文化、なによりも英語に興味津々で両親に頼み込んで留学させてもらったのです。当時は海外留学は現在ほどポピュラーではありませんでしたし、まして中学を卒業してすぐに単身留学というケースは珍しかったようです。

外国の学校は入学は簡単、卒業は大変。英語が伝わらずホームシックにもなりました

私が行ったのはカナダのトロントという所です。トロントにある私立の全寮制の女子高に絞って、学校探しをしました。インターネットも普及していませんでしたので、自分で留学雑誌を買って調べたり留学センターへ相談にいったりして、希望の高校を見つけ、応募し、そしてめでたく合格となりました。入学にあたっては、筆記テスト等はなく、中学からの推薦状と私の志願理由を書いた作文が求められました。後にも実感しましたが、外国の学校は割と簡単に入学できますが、頑張らないと卒業出来ないのです!

中学での英語の成績はかなり良かったはずですが、いざ現地へ行ってみてひどく挫折感を味わったことを今でも覚えています。言いたいことが全く伝わらない、もどかしさに何度も涙がでましたし、ホームシックにもなりました。しかし何とかなるものです。しゃべれないと生活していけない、という状況に追い込まれ、また郷に入れば郷に従えという事で、私はどんどん順応していきました。

英語以外の教科も現地の学生と一緒に学ぶのが高校留学

語学留学ではないので、英語だけを学べばいいわけではありません。国語、数学、理科、社会、シェイクスピアから地理まで、すべて英語での授業です。授業についていくので精一杯。今思い返しても、人生であんなに必死で勉強したのは後にも先にも無い気がします(笑)寮での生活もとても楽しかったです。

寮には世界中から集まった留学生や、遠方から来ているカナダ人がいて、超多国籍でした。寮には寮母さんが何人かいて、皆の頼れるお母さん的な存在でした。ホームステイという選択肢もあると思いますが、個人的には絶対寮生活がお勧めです。そのくらい、楽しい毎日でした!若いときのこの貴重な経験は私の人生を大きく変えたと思っています。今でも、どんな国へ行っても、どんな国籍の方とでも臆せずに接する事が出来ます。それはやはり、留学していたおかげだと感じでいます。若い方たちには、どんどん海外へ出て、色々な経験をしてほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る