【イギリス留学体験談】淡々としたOL生活に革命を起こすため、ブライトンへ

ロンドン留学

イギリスは、私が初めて留学した場所ですので、一生忘れられません。きっかけは、母からのすすめでした。母は、友達数人とヨーロッパを旅行した際、イギリスが1番気に入ったといつも興奮して言っていたので、それならそこを、初の海外留学の地にしようといろいろ調べてみました。

ブライトンを選んだのは、単純に、海が好きでヨーロッパにも足を運び安いと思ったからです。
ロンドンから1時間というロケーションも気に入っていたし、費用もどこの都市よりも1番安かったと思います。

淡々とした社会人生活に刺激を求め留学を決意

私は、性格上、長く同じ場所では勉強できないと思っていたので、語学学校へは、3ヶ月間、そして終了後は1ヶ月のヨーロッパ旅行費を用意しました。確か、総額100万円ほど持っていったと思います。ヨーロッパは物価ともに安くありませんが、もしお金がつきたら帰国しようと楽観的に考えていました。
ブライトンで行った語学学校は、EFという学校です。探している際、多くのサイトで語学学校の説明が英語でされている中、唯一日本語での説明があり、なんといっても、日本円で、学費が書かれていたので、当時、英語ゼロ知識の私には、安心できたからです。

卒業後、長く英語から離れていた私は、仕事場で英語に触れることが一度もありませんでした。その上、英語は高校で、落第ギリギリの成績だったので、全然自信がありませんでした。
それでも、留学を決心したのは、25歳という若さと淡々としたOL生活に革命を起こしたい願望が背中を押してくれたのだと思います。

気軽に英語を勉強しにやってくる、ヨーロッパからの友達がたくさんできました

理由はともあれ、イギリスを初めての留学先に選んだのは、大正解でした。まず、日本と真逆にあるその土地は、いったん行ってしまうと、すぐには帰国できません。留学中、ホームシックになって引き返そうにも、遠すぎて断念してしまうでしょう。

そして、イギリスの英語の発音です。イギリス英語は、アメリカ英語よりも、発音がクリアで聞き取りやすいです。しかも、英語学校では、正規のクイーンズ英語を教えてくれます。そして、なによりも、気軽に英語を勉強しにやってくる、ヨーロッパからの友達がたくさんできたことです!この意味は、本当に大きく、未だにメールでつながっている友達がいるんですよ!彼女とは、本当に相性がいいのでしょうね?

語学学校では、コミュニケーションの基礎を学び、友人からは、広い世界を学んだ気がします。これから留学を考えている皆さんには、自分をあえてチャレンジな環境に置いて、なんでも経験してみてほいしいですね。トラブルでさえ、語学向上のチャンスなのです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る