最初は英語が全く話せなかった私のバンクーバー短期留学

カナダ・バンクーバーへ短期留学

私が26歳だったころに3ヶ月間カナダのバンクーバーへ留学に行きました。以前から海外に住んでみたい、英語が話せるようになりたいと思っていたので、こつこつお金をためて、ようやく留学までこぎつけることができました。

知り合いにも海外に行っている経験がある人がおらず、ホームステイ先の斡旋をしてくれる仲介業者から、航空券、保険の手配、英会話学校への申し込み、すべて自分で調べて行いました。

初日はホストファミリーにあきられるくらいの英語力

英語が話せなくても行けばどうにかなるだろうという考えは、初日から脆くも崩れ去りました。まず、ホストファミリーへの挨拶だけは覚えていったのですが、その後車内で、何を聞かれても答えられず、何を言っているのかわからず、しまいにはホストファミリーも会話をあきらめたのか無言が続きました・・。

到着して次の日に早速街に繰り出してみようと、スカイトレイン駅までの道を聞いて、初めて海外の電車に一人で乗りました。もちろん切符を買う表示も英語でよくわからない・・。一番びっくりしたのは、日本では通勤ラッシュの時間帯に電車が来ると、人がどんどん乗ってきてぎゅうぎゅう詰めて車内はぎっちり身動きが出来ない状態になりますよね。そうゆうものだと思っていた私は、電車が来て人が次々に乗りましたが、奥のほうはまだ詰めればだいぶ余裕で人が入れる状態だったので、ドア付近の人を押して無理やり乗ろうとしました。しかし、ドア付近の人は一向に奥に詰めてくれず、しかもものすごいいやな顔をされました・・。

どうやら海外では、日本のように缶詰め状態で電車に乗らないようです。電車に乗れなくて遅刻してもいいのか、余裕を持って出てきているのかわかりませんが・・無理やり乗ろうとした私が恥ずかしい気持ちになりました。

英語が話せないと聞けないことも全然きけなく自分に失望

いよいよ英会話学校へ行く日になりました。英会話学校はGlobal Village という人気のある学校です。レベルごとに8クラスにが分かれており、入学の際に個々のレベルをはかるテストがありました。私は英語が中学1年生くらいのレベルで、文法ももちろんわかりませんし、簡単な英単語しか覚えていなかったのでテストが出来るはずもなく、レベル3のクラスになりました。しかし、レベル3でも私にとっては非常に難しく最初は先生の言っていることが全く分からず、テキストの単語もわからずで電子辞書で調べっぱなしでした。

学校内では母国語が禁止されていたため、すべて英語で話さなければなりません。最初に席が隣になった韓国人の男の子と仲良くなり、ランチを一緒に食べましたが、英語が話せないので会話が続かず、もっと色々話したいし聞きたいこともたくさんあるのに伝えられず、本当にもどかしい思いをしました。

留学に行く前に文法と単語を勉強しておくと効果的

3か月もするとある程度私が伝えたいことが話せるくらいまでは上達しました。

私が海外へ行って思ったことは、もっと文法を勉強しておけばよかったということです。まず、私のように英語が全く話せない方は、ある程度の文法と、単語力を身につけることをお勧めします。なぜかというと、先生がしょっちゅう言っていた、Don`t be shy.日本人は文法がわからないと全く何も話さない人が多いそうです。ですので、シャイな方は、文法とある程度の単語力をつけることが、英語を話せることにつながると思います。

私は最初に何も伝わらなくてさみしくて、即効ホームシックになりましたが、学校で韓国の友人が出来たことですぐに帰ることなく無事に留学を終えることが出来ました。

今となってはこの留学がなければ、ここまで英語が話せるようにもなっていなかったし、文法が大事と気付かなかったと思います。今現在、私は再度、一から文法を勉強しています。今の目標はTOIEC700点以上をとることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る