【オーストラリア短期留学】人気の留学地で、ケアンズで感謝の気持ちを学んだ2週間

オーストラリア・ケアンズに留学

私は高校2年生の夏に、オーストラリアのクイーンズランド州のケアンズ市に短期留学しました。

期間は夏休み中の2週間で短いものでしたが、初めての海外ということで、とても成長できたと思います。短期留学は、私の住む市の夏の行事の一つで、費用は自己負担ですが、語学学校やホームステイ先を市が手配してくれ、出発前には一か月に及ぶ基本的な語学研修と、出発準備に関する講義を受けました。初めての海外に不安でいっぱいだったので、このような出発前のサポートがとてもありがたかったです。

ケアンズの人気の語学学校に留学。オーストラリア英語には慣れるまでは苦労も

私の行った学校は、世界中から英語を学ぶ生徒が集まる語学学校でした。語学学校の名前は、カプラン・インターナショナル・カレッジといって、ケアンズ市内に数ある語学学校の中でも人気の学校でした。ここで私は英語のみを集中的に勉強しました。

私が中学から習っていた英語はアメリカ英語だったので、オーストラリア英語に慣れるまでは苦労しましたが、少しずつオーストラリア英語が聞き取れるようになり、会話が弾むようになったのがうれしかったです。アメリカ英語だけでなく、いろんなアクセントの英語に触れることで、世界で通じる英語が身に付くと現地の先生に言われ、オーストラリアに行って良かったと改めて思いました。

私のホストファミリーは鳥のブリーダーで、ホームステイ先の家には鳥小屋が20個以上あり、オーストラリア固有の野鳥がたくさんいました。日本で見ることのできないカラフルで美しい鳥を、いつでも見ることができるというのはとても幸運でした。そんなホームステイ先で私は、毎日何かお手伝いをしたいとホストマザーに言うと、鳥の餌やりを毎朝6時にして欲しいと言われました。

英語でうまく伝えられないことがあっても必ず感謝の気持ちは伝える

この鳥の餌やりが予想以上に大変でした。全ての鳥小屋に砕いたシリアルと刻んだ野菜を持っていくのですが、毎朝10キロ以上のえさを作り運ぶという作業を毎日やっているホストマザーは大変だなと思いました。そんな中私を温かく迎え入れてくれ、面倒をみてくれたり、いろんな場所に連れて行ってくれたりするホストファミリーに感謝の気持ちでいっぱいになりました。私はこのお手伝いを通じて、コミュニケーションがたとえ完璧に取れなくても、うまく説明できないことがあっても、感謝の気持ちだけは必ず伝えようと思いました。 

私の通っていた語学学校のプログラムは、英語の基礎ができていて、さらに英語力を伸ばしたい方におすすめです。先生方はとても明るく、エネルギッシュです。恥ずかしがらずにどんどん挑戦できる人は、きっと短い期間でも英語力がぐんと伸びると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る