【ニュージーランド短期留学】短期間で無理やりスピーキング、リスニング力アップ

ニュージーランド・オークランド

語学留学の先に選んだのは、ニュージーランドのオークランドにある「ダイナスピークイングリッシュ」でした。

何となく自分の英語力に不安があり、もっと腰を据えて語学と向き合いたい、そう思い仕事を辞めての留学でした。資金の関係上から、学校に通うのは1ヶ月と決めていました。

語学学校は、他にももっと安いところはあったけれど、確実に効果をあげたかったので、学費が少し高いこの学校を選びました。普段は、日本人割合がそんなに多くなかったようですが、私の行った時季には、大学生の短期留学と重なって、日本人は結構いました。

リスニングが苦手なため授業中は講師の英語が聞き取れず

この学校の授業の中では、講師がネイティブスピードのまま話しかけてきて、それに答える、という授業があります。初めの頃は、リスニングが苦手だったので、うろたえるばかりでした。しかし、周りの答え方などを参考にしていくうちに、堂々と答えることができるようになりました。

リスニングとスピーキングの両方が鍛えられたと思います。荒治療のようにも思えますが、これぐらいしないと短期間で話せるようにならないのでは、とさえ思えます。

勉強、おしゃべり、買い物と、充実した留学生活

語学学校では週末に有料ですが、ツアーやイベントを用意してくれてあり、孤独な週末を過ごしたことはないです。平日はみっちり勉強、週末は遊びに徹底する、気づけばこのスタイルになっていました。逆に言えば、金銭面に余裕を持たせて行かなければ、こういったイベントに自分だけ参加できなくて寂しい思いをするかもしれません。私の滞在先のホストファミリーはホストマザーが1人で暮らす家でしたし、ホストマザーは仕事に忙しかったので、そんなに遊びに連れ出してはもらえなかったので。

語学学校に行っている期間はとにかく忙しかったです。朝から夕方まで学校。その後友達とおしゃべりしたり、スーパーへ買い物に行って帰ると夕飯の時間です。後は、お風呂に入って、宿題をしたりします。

私は現地で英語に触れながらみっちり勉強しようと考えていたので、参考書なんかを持っていきました。しかし、使う時間はほとんどなかったです。

短期留学は事前準備で現地に行ってからの習熟度が変わる

単語については、日本で覚えてから行った方がよいです。単語を知っている方が、会話にも困りません。短期留学の人は、短期間で効率よく学習しなければ効果が上がらないので、事前の準備が大切だと思います。

こうした毎日を繰り返し、あっという間に帰国日が来てしまいました。ちょうど英語がすごくよく聞き取れるようになっていたし、話せる度胸が身についていました。夢も英語で見るようになっていました。これから、っていうタイミングでした。だから、正直なところ、今帰国するのは自分でももったいないなぁ、と感じました。

もし、時間に余裕があれば、できるだけ長い期間行った方が生活を楽しめるし、学力を伸ばせると思います。

(30代女性)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る