【カナダ地域情報】様々な人種・民族にあふれるトロントは留学におススメ

カナダ・トロント留学現地情報

留学というのは、ひところよりもする人が少なくなったそうですね。私自身は留学経験者で、行ってよかったと思っているので、なるべくたくさんの学生さんや社会人のかたに行って欲しいと思っています。ただ、お金がかかることなので、簡単におススメできないのが残念ではあります。

カナダは日本人留学生が多い

私が語学留学で行ったのはカナダでした。場所については考えましたね。カナダって意外と日本人留学生が多いのです。一番たくさん行っているのは、たぶんバンクーバーでしょう。日本からの飛行機が到着するのもバンクーバーですし、日本食なども充実していてとっても便利だそうです。ここにしようかなと思ったのですが、あまりに日本人が多い環境では語学研修の効果が出にくいかと思って、トロントにしました。ほかにもオタワなども候補に挙がったのですが、家族から「留学中に一度は尋ねたいから、なるべく行きやすく、観光ができる都市にしてほしい」という要望があったからです(笑)。スポンサー様の言うことですから、文句も言えず、トロントに決定しました。両親はナイアガラに行きたかったようです。

学校はトロント大学の語学クラス(ESL)にしました。大学付属の語学クラスだと入るのが大変と思われそうですが、そんなことはありません。時期さえ講座開始月に合わせておけば、おかねを払うだけで入学できます。クラスが細かく分かれていて、本気でトロント大学に入学したいと思っている人は、一番上のクラスをクリアしなくてはいけません。語学クラスの卒業と同時に、トロント大学への入学願書を出せることになるんです。

トロントは多人種

トロントは移民の国カナダの中でも人種が激しく入り混じっている場所です。多いのはアングロサクソン系やイタリア系、ヒスパニック、インド系などですが、最近では中国系の増加がみられます。とにかく多人種ということで、使われている言語が非常に多いんです。ワンブロック歩くうちに、英語以外の言語を2〜3ほど耳にするのは珍しいことではありません。

トロント在住の人は、半分がカナダ以外の場所で生まれたんだそうです。当然ですが、自宅で2カ国語以上の言葉を使う家庭もあります。両親はインド語で、子供はインド語も使えるけれども主に英語を使うとかですね。日本人がきくと混乱しそうなシチュエーションですが、現地では珍しくもなんともないケースなんです。

トロントは大都市なので物価は高い

物価は大都市ですから、それなりに高いです。生きていくうえで必要な食品や衣類などは比較的安い方だと思いますが、アルコール、煙草などはぜいたく品とみなされるのか、税率が異常に高いです。買わない方がいいです。また冬季はハンパなく寒いので、防寒具などは現地で購入されたほうがいいと思います。日本のものよりはだんぜん暖かいです。バスやトラム、地下鉄といった公共機関は安いですよ。

大学のESLはトロント大くらいしかないようですが、語学学校はたくさんあります。語学に自信がない人は、語学学校で実力を作ってから大学のESLへ行くと安心です。留学先としては治安もさほど悪くないですし、トロント自体が非常に魅力的な都市なので、生活するには楽しみが多くていいですね。多少いろいろな人種に交じってもやっていけるタイプの人ならピッタリの滞在先だと思います。

人種の中でもまれるという経験は、日本では絶対にできません。また、あれほど多くの人種が一カ所で普通に暮らしているのは、トロントくらいしかないんじゃないのかなと思います。地理的にはモントリオールにも近いですし、観光地として有名なケベックも鉄道や長距離バスで行ける距離です(もちろん飛行機もあります)。カナダのフランス語圏というのは独特の場所ですので、トロントから旅行で行かれるのもいい経験になるかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る