アメリカ、インディアナ州のビーチグローブ。気候・留学情報

アメリカ・インディアナ州

私は高校受験の時から、塾の先生に勧められて高校在学中の交換留学に興味を持っていました。高校二年の二学期から三年生の一学期までの一年間の留学に焦点を合わせて一年以上前から準備に取り掛かりました。

行ったのはアメリカ合衆国インディアナ州のビーチグローブという小さな町です。現地の普通高校に編入という形で一年間、現地の高校生と一緒に高校生活を送りました。もちろん国語は英語ですので、英語の他にも外国語としてフランス語を学ぶ機会がありました。

交換留学生は日本の文化を伝えるという使命をもつ

留学の目的は、文化の交流と英語を学ぶ事です。交換留学生は自費留学生と少し違い、日本の文化を伝えるという使命を意識しています。私も、アメリカの文化を学びつつ「日本ってこんな所、日本人ってこんな人たち」という実物大の日本の良さを伝えたいと思い参加しました。

留学に行く前は、現地にも留学生がたくさんいる事を想像していたのですが実際行ってみると、外国人が非常に少ない町でした。比較的田舎だった事もあり、外国人に少し警戒している雰囲気もありました。でも、ホストファミリーや友人達の助けがあり少しずつ町に溶け込む事ができました。知り合いが増えると、国籍や言語の壁もほとんど感じなくなり本当に居心地が良かったです。本当の家族のような愛情を注いでくれたビーチグローブの人々には心から感謝しています。

インディアナ州の気候は、春夏は乾燥していて、とてもさわやかです。気温は上がるのですが湿度が低いので過ごしやすかったです。森や湖などもあり、自然が美しい所です。アメリカ合衆国の中でも北に位置しているので秋、冬は結構寒かったです。でもセントラルヒーティング各家庭や学校などに設置されているので建物のなかではTシャツで過ごす事が出来ます。雪がたくさん降った日にはSnow dayといって、学校が遅く始まったりお休みになったりしていました。そんな日は家の裏庭でスキーをして遊んで最高に楽しかったです。

奨学金を利用し留学

学費や生活費は学校や奨学金、またホストファミリーがボランティアだった事でかなり金銭的な負担が小さかったです。あとは自分の文房具やちょっとした日用品を買い足す程度でしたが、大型スーパーに行けば安価で何でも手に入れることができました。

私は高校での留学だったので現地の高校に行きましたが、インディアナにはインディアナ大学やインディアナポリス大学がありその大学は現地の学生にとっても留学生にもとても人気でした。

アメリカに全身浸りたい、濃厚な留学生活を送りたい、という留学予備生の皆さんにはインディアナ州、またアメリカ中部はとてもおすすめです。一年の留学で、日本語を話したのは親に電話した1,2時間と一度ホストファミリーの知り合いの日本人にお会いした時だけでした。日本人と接する事が出来ない環境に身を置く事で、頭の中も心の中も全て英語に浸る事ができ英語の上達の面でとても良かったと思います。田舎で、周りに遊びに行くようなところもないので自然とホストファミリーや学校のクラスメートと話して時間を過ごす事が多かったのが良かったのだと思います。

自分が日本のイメージとなる

さらに、文化交流の上でも意外と知られていない日本の実態を、実演して見せたり写真を見せたりして紹介できたのもとても幸せなひと時でした。私の行動や言葉で日本人に対するイメージが形作られると思うと、「良いイメージを持ってもらいたい」と頑張りがいがあったように思います。結果、日本人らしい礼儀正しさが身についたり、アメリカ人のユーモアのセンスやはっきりと意思表示する文化を新たに身につけることもでき、収穫の本当に多い一年でした。

この一年の留学で得た様々な経験はお金では買えない、一生の宝物です。数年たった今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る