【アメリカ・シアトル留学】現地語学学校・気候や物価など

シアトル留学

二度の留学を経験していますが、どちらも全く同じ場所、同じ学校でした。一度目は日本の大学に在学中の半年間。二度目は大学卒業後で、約二年間。合計で約二年半留学をしていました。

場所はアメリカ・ワシントン州のシアトル郊外にあるアーバン市。州立のグリーンリバーコミュニティカレッジという二年制の大学です。この学校には英語力が大学入学に満たない留学生の為の語学習得プログラムが併設されています。

初めて留学をした時は、日本で通っていた大学のプログラムで参加し、期間も半年間だけだった為、正直『就職する際に少しは有利になるかも』と軽い気持ちで行きました。ところが、現地の学校で勉強をしてみて、他の留学生やアメリカ人の生徒たちのモチベーションの高さにビックリ!働いて学費を稼ぎながら学校に通っている人や、夜も寝ずに勉強をして授業についていこうと必死な人。同じ大学でも、日本とアメリカでは生徒のやる気がこんなにも違うのかと衝撃を受けました。

日本に帰国した後も、『もう一度、あの環境で勉強をしてみたい』『語学プログラムだけじゃなく、正規の大学の授業も受けてみたい』という思いが強く、日本の大学卒業と同時に再度渡米しました。

シアトルの冬は雨ばかり、でも夏はカラッと過ごしやすい

シアトルは、冬は雨が多く、気温は低いですが雪はほとんど降りません。たまに雪が降ると全公共交通機関がストップし、学校が休みになります。夏はカラッとしていて涼しく、とても過ごしやすいです。日陰に入ると寒いくらいで、真夏でも羽織るものが手放せません。

治安は比較的良く、物価は日本よりも若干安いかなという程度。ただ、公衆電話の電話代と、カメラのフィルム(時代がばれますね)がとても高かった事を覚えています。

私が住んでいたフェデラルウェイ市は韓国人の町として知られており、韓国人がたくさん。韓国食材用のスーパーもたくさんありましたが、そこにはなんと日本のお菓子や食材も少し置いてあり、日本の味が恋しくなったときに大変重宝しました。

ホームステイをしていた家のお母さんはインドネシア人で、インドネシア料理はもちろん、日本食を覚えて作ってくれたり、韓国料理や時にはインド料理まで出てきました。

ホームステイ先のお父さん(アメリカ人)、お母さん共にあらゆる国への留学経験が豊富で、体験談を聞かせてくれたり、悩み相談にのってくれたりと、本当に素晴らしい家庭でした。

語学プログラムが充実のグリーンリバーコミュニティカレッジ

私が通っていたグリーンリバーコミュニティカレッジですが、留学生用のプログラムが充実しており、たくさんの留学生がそこで勉強をしていました。

日本、韓国、台湾からの留学生が多かったですが、中にはラオスやベネズエラなどから来ている留学生もいて、そういった国の文化や習慣を知るいい機会になりました。

大学に併設されている語学習得プログラムのレベルが高く、他の大学の同じようなプログラムから転校してきた生徒は、授業についていけず苦労する程でした。

語学習得プログラムを卒業すると、テスト無しで正式に大学に入学し、正規の授業を受けることができますが、語学習得プログラムでしっかり学んだ留学生は、英語のテストでアメリカ人学生よりも良い成績をとってしまう事がしばしばありました。

平日はしっかり勉強して、週末には思いっきり羽を伸ばせる場所

シアトル郊外は、正直『田舎』『何もない』という印象です。その環境が逆に、留学して勉強をするには良かったのかもしれません。

グリーンリバーコミュニティカレッジは小高い丘の上にあり、緑に囲まれていました。大きな建物があるわけではなく、教室がいくつか入った小さな建物が点々と森の中にあるイメージで、キャンパス内を移動する際は緑いっぱいの森の中を散歩しているようで、本当にリフレッシュできました。

週末はバスでシアトルまで出れば観光したり遊んだりする場所はたくさんあります。スターバックス1号店やパイクプレイスマーケット、ボーイング、マイクロソフト、マリナーズなどが有名ですが、他にも観るところはたくさんあります。

平日はしっかり勉強して、週末は思いっきり羽を伸ばす。そんな留学生活を送りたい人にはぴったりの場所です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る