【オーストラリア、キャンベラに長期留学】毎日ネイティブと話し、スピーキング力が向上した充実の1年間

オーストラリア留学

わたしとキャンベラ大学付属語学学校との出会いは、本当の偶然で、キャンベラ大学は、たまたま通っていた外国語大学の提携校のひとつでした。

わたしの大学には、独自の長期留学プログラムがあり、申請者の中から、好成績で好出席率、そしてある一定のTOEFLのスコアをクリアした選抜生が、1年間の単位と引き換えに、留学できました。

学費は、すっくり一年分の語学学校での学費と交換できるため、留年することなく、現地での滞在費のみで、留学できるため、多くの学生が、これを目的に、この外国語大学を選んだと思われます。実際、わたしもその一人で、もし、この選抜に落ちたら、日本の多くの大学生がそうであるように、外国語大学、あるいは英語学科を卒業しているのに、英語を話せない大人になっていたと思います。

わたしたちが、選べるのは、国だけでした。このプログラムでは、アメリカとオーストラリアの二択で、わたしにとって、オーストラリアは初めての留学先ではなかったため、とても迷いましたが、条件に、『ホームステイ』とあったので、オーストラリアを選択しました。ちなみに、アメリカを選択すると、全員『寮』に入ることになるのですが、当時のわたしは、料理ができませんでしたので、毎日、買い出しや料理に悩んで、せっかくの時間を生活に費やすのはいやだと考えました。

キャンベラ大学に決まった時は、正直、すごくいやでした。なぜなら、シドニー、ブリスベン、メルボルン、パースとある中で、キャンベラが、ホームステイ代、航空運賃共に、一番高かったからです。わたしは、大学の授業料をかりている奨学金生でしたので、こういう費用も実費でした。でも、両親に話すと、「物価が高いということが、治安がいい証拠。安全をお金で買ったと思いなさい。」といわれ、納得したのを覚えています。

毎日ネイティブスピーカーと話したおかげでスピーキング力が向上

確かに、キャンベラは、オーストラリアの首都で、そこに住むほとんどが国家公務員からなる町です。人口が少ないこともありますが、高学歴で、犯罪率も一番低いのが特徴です。現地の人も大抵フレンドリーで、生活もゆったり、のんびりしている感じがしました。緑もたくさんありますし、なにより、美術館や公共施設が無料なところが多く、学生には、有り難い環境が整っています。ちょっぴり田舎ではありますが、都会にでたければ、格安の長距離バスで、シドニーまで3時間でいくことだって可能です。逆にいえば、誘惑が少ない分、勉強には最適な環境だといえます。

キャンベラ大学付属語学学校も、期待を裏切らない、質のある授業を展開していました。わたしたちは、キャンベラ大学には進学しないので、一般英語を選択しましたが、とにかく先生陣がみんな熱心です。わからなければ、わかるまで教えてくださるし、なんといっても、キャンベラ大学生や、大学院生を『スタディーバディー』として紹介してくれたのです!

おかげで、わたしは、毎日ネイティヴスピーカーと話をする機会をもてたので、スピーキング力がおどろくほど伸びました。彼らとは、メールでもやりとりしていたので、必然的にライティング力も向上しました。

もちろん、ネイティヴスピーカーにも、日本人のわたしと会う利点は、ありました。紹介された大学生は、ほとんどが、キャンベラ大学で日本語を学んでいる学生なので、英語を教える代わりに日本語を教えてもらえます。そして、大学院生は、将来、語学学校の先生になるためのコースで勉強する学生たちです。ノンネイティヴスピーカーが、どんな間違いをするのか、どんなことを教わりたいのかを、わたしたちとの交流から、研究することもできます。わらしも、いろいろなブロジェクトに参加させてもらっては、大学院生がどんな研究をしているのかを垣間見ることができました。

英語が話せるようになり、充実した留学生活に

このように、わたしの留学生活は、生の英語に触れて話せるようになるという目的にかなった充実したものになりました。これも、キャンベラでのすべての環境が、わたしにぴったりとあっていたせいだと思っています。まずは、キャンベラ大学付属語学学校に、そして出会ったすべてのキャンベラの人々に感謝します。

最後に、キャンベラの気候にも感謝です。というのは、キャンベラは、夏が短く、朝晩が冷えて寒い日がおおいのですが、わたしはむしろ、暑いより寒い場所のほうが、勉強には適していると考えています。想像してみてください。蒸し暑い日本の夏を!わたしなら、暑くてなんにも考えられなくなります!その点、キャンベラの冷気はアタマを冷やすのに最適ですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る