婚活パーティは学ぶことが非常に多い場所です。

以前30代半ばから後半くらいまで都合が会えば参加していました。年齢からしたら焦るべき歳なのですが、何故か焦りはなくどんなものか興味の方が強かったです。そのせいか構える事無く参加する事が出来ました。傍から見たら余裕があるように見えたのか、好印象の時もあれば反感を買う事もありました。本気の度合いが違ったのは確かですが、勿論気の合う人がいたらいいなと期待もありました。

ちょっと驚いたのは女性はみんな綺麗で声がかかりそうな人が多かったです。どうしても普通の出会いの方が上と言うか、勝ち組とまでは言いませんが理想ではあります。なので普通の出会いがありそうなのになと思いました。男性の方は千差万別です。本当に色々です。女性は友達同士で来ていたりしますが、男性はほとんどひとり参加です。あまりこういったパーティに来ているのを知られたくないと言う感じを受けました。

数えきれない人とお話をしましたが、問題にもなっているように明らかにコミュニケーションが上手ではない男性が少なくはなかったです。一方的に自分の事ばかり話したり、質問と答えが繋がっていなかったりしました。自分の事ばかり話すのは相手に自分を知って貰いたいからだと言う考えがある、と理解していたのですがどう返答して良いかわからない時はとても困りました。要するに「自慢」とも捉えられる様な印象だったからです。聞いているのが辛くなったことも少なくはありません。

勿論スマートな人もいました。普通の出会いがありそうなのになとやっぱり思ってしまうのですが、職場の環境上全く出会いがないという理由が一番多かったです。私がスマートと思う分他の女性も同じ気持なので、フリータイムになるとそういう男性は大人気です。人だかりが出来ます。女性には万遍なかったです。男性の方が好みは細分化しているのだな、女性は好みが偏り似るのだなと、どこでも同じ結果を見る事が出来ました。

意気投合して外で会ったことも何回かあります。継続した人もいます。ここで良くわかったのは、普通の出会いは同じ様な環境で育ち身近にいるので価値観の擦り合わせが比較的うまく行きます。がしかし積極的に元来出会わない様な人と出会った場合、普通の出会いよりは価値観の擦り合わせは困難だとわかりました。とても良い人ですし楽しい時間も勿論あるのですが、いまひとつ入っていけない。これは自分自身に問題があると思いました。二人の間に共通の人がいたらこんな気持ちにはならないだろうと思いました。自分が積極的出会いに、誰も知り合いがいない場での出会いに向いていないのだと。

カップルになった友達もいます。今でもとても幸せそうでそろそろ子供をなんて話しているのを聞くと羨ましく思います。カップルになった二人の話を聞くと、まるで前からの知り合いだったかのような錯覚を覚えたと言います。何も引っ掛かりもなくすっと入っていけたと。まさに運命の出会いだったのだなと思います。二人にとって婚活パーティは普通の出会いだったのです。

何回もパーティに行って疲弊している友達もいます。初対面で話す事や知らない場所行くのは緊張するし消耗します。それでも出会いがないからと言って足を運びます。私も何もしないより動いていた方が出会う確率は高くなると思っています。しかし疲れを感じたらお休みする事をお薦めします。一旦パーティから遠ざかり婚活と言う文字を頭から取り除きます。すると肩の力が抜けて本来の魅力が輝き始めます。失敗しては元も子もありません。結婚したいと言う気持ちがあれば絶対にいずれは結婚すると私は思っています。その為にはすこし休んで、近くにあるものに目を向けたりすると案外出会いが転がっていたりするものです。焦らずゆっくり。表情が変わる筈です。

(Aさん女性40代前半)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る