卒業生にノーベル賞受賞者も!名門西オーストラリア大学付属の英語学校へ短期留学

西オーストラリア大学

世界で一番きれいな街とか住みたい町として知られるオーストラリア大陸の西に位置するパース。

このパースにある6つの大学の中でも由緒ある大学として知られている西オーストラリア大学ですが、大学の施設内に英語学校が付属されており、日本人だけでなく世界各国から多くの学生が英語を勉強に来ています。

せっかく英語を勉強するならどっぷり英語の環境につかろうと考え、なるべく日本人の少ない学校を選びできることならTOEICやIELTSの試験をしっかりと受けて帰ろうと考えていた所、最も条件い合っていそうな学校として候補に挙がり実際に選んだのがこの西オーストラリア大学付属英語学校でした。実際の英語学校での事業はさすが大学の付属校ということもあり、実際クラスメートの何人かは大学へ入学するためにこの学校に入って勉強している人もいるため、しっかりとした事業内容で実際に受講している生徒も真剣です。

せっかくオーストラリアへ来たのだから、学校だけでなく普段の生活でも異文化を体験しようと現地でも住まいも日本人とは同居をせず、現地のオーストラリア人のアパートをシェアして住むことにしました。

相手に意思を伝えることができる英語が重要

はじめは意思の疎通がなかなかできず苦労をしたり、実際に学校の事業もついていくのが精一杯で大変でしたが、学校に通って1カ月をすぎる頃からクラスメートやシェアメートと気軽に冗談をいいながら、片言の英語でも意思の疎通を図ることができるようになってきました。

実際に学校で勉強した文法や単語はもちろん役に立ってはいますが、何よりも相手に意思を伝えることができる会話ができるようになり、積極的に英語で話せるようになってからは自分の中でも嘘みたいに学校の勉強が楽しくなってきました。” “実際に大学進学を考えている人は、この学校のような英語学校で一定の点数以上を獲得することが大学への入学試験や編入試験を受験するための必修の条件になっていますが、自分のように大学への進学を考えていないような場合でもしっかりと目的を持って英語を勉強したいと考える人には、私が通った西オーストラリア大学付属英語学校は非常におすすめの英語学校になります。

大学の周辺には有名なスワンリバーがあり、休日には世界各国の友人たちとバーベキューをした楽しんだり、ホームパーティーをしたりと非常に充実したオーストラリアの生活を送ることができました。

本気で英語を勉強したいという方や、将来オーストラリアの大学へ進学や編入を検討している人には是非ともお勧めの英語学校です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る