お見合いパーティー体験談

お見合いパーティーというと、なにか堅苦しいもののように感じられたりするかもしれません。私も初めて参加するときは、結構緊張しました。どんな衣装で行けばいいのか、とか、どのコースにすればいいのか、とか。結局、友人を誘って参加したのですけれど。ちょっと薄暗い感じの会場に音楽が結構大きな音で鳴っていて、会話も顔をかなり近づけないとかわせない感じでした。

 最初に主催者側の用意した名札やプロフィールシート、気に入った方を書き留める用紙を配られて、あとは一般的な立食式のパーティーでした。音楽が流れていても別に踊っている人はいませんでしたけど。食事は最初に「まず戦の前の腹ごしらえ」という感じで、よくある立食パーティーと同様に、皆が一斉に皿に好きなものを盛ってささっと済ませてしまって、あとは飲み物を片手に様々な人と会話していくという感じでした。何回か参加している人は、高めの料理にさっと行って、少しだけそれを食べる。なにが一番おいしいのかも、既に知っているようでした。見た目の派手さで皆が殺到した料理は食べられないか、食べられても量が少し。これは参加者の人気者にも通じますね、今思うと。

 立食式のパーティーもほとんど初めてで、緊張してドリンクをガブ飲み。そのせいか汗がいつも以上に吹き出てしまったりと散々でした。会話中も汗が気になって、「少しエアコンのききが悪いですね」なんて言い訳したりして。

 初心者中心のコースに参加したので、まわりもだいたい同じような感じでした。一人と長く話し込むと、ほかの人から「替わってくれ」と露骨に言われたりして。当事者じゃなければなかなか面白い場面も多いです。その時はこんなこと言ってられなかったですけど。ちょっとした小競り合いもあったりしました。

 一緒に参加した友人はこういうのは手慣れたもので、会話も流れるようにこなしていたんですけど、どうやら意中の人が見つからなかったようでした。後で聞いたら用紙を提出しなかったそうです。私は出しましたけど、その時は赤い糸は繋がっていなかったようです(笑)。

 参加者は男女あわせて70人ぐらいだったと思います。マッチングの前の盛り上げとしてのビンゴゲームが終わって、最終的に2組カップルが誕生しました。一番人気の男女の組み合わせではなかったです。というか、自分が駄目だったんで、成約したカップルがどんな人たちかって、あまり覚えていないです。前の方でスポットライトが当たっていましたけど、そこだけ、会場内でテンションが違う感じで。周りは醒めた空気が満ちている感じでした。

 友人に聞くと、多くも少なくもなく、平均的な成約率だとか。今思うと、少しばかり出来過ぎなんじゃないかと思います。やはり祭りのような雰囲気なのと、是が非でもということで、二組もできたんでしょう。

 友人、曰く、「まぁ、三ヶ月後、ここで開かれるパーティーに、きっとあのカップルのうちのどっちかの男の人か女の人が参加しているはずだから」。まさか、と思いましたけど、どうなんでしょうね。
 その後も何度か参加しましたけど、こういうのは慣れの問題だと思いますし、是が非でも結果を出そうとしないほうが、案外上手く行くものなんだな、と今は思います。。パーティーでパートナーは見つけられませんでしたけど、何回か参加した結果、やはり清潔感と明るさとリラックスした態度がこういう場では好印象を与えるのだなぁ、と。あまりリラックスしすぎているとかえって印象よくないですけど。実際のところはSNSで毎月開催されている定期交流会とあまり変わりがないと今は思うので、そこで、やっと経験が生きてきた感じです。

(Mさん男性30代前半)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る