【オーストラリア留学体験談】留学で得た積極性を日本でもキープし続けたい

オーストラリアで英語を学ぶ

以前、3週間のイギリス留学を経験、今回は2度目の短期留学になります。今回は気候の良いオーストラリアを選びました。語学学校のクラスはとても雰囲気が良かったです。授業中はペアワークが多く話す機会がいっぱいあるので、クラスメイトと自然と仲良くなれます。ただ、私は実際の自分のスピーキング力よりも上のクラスに入ることになり、その点では苦労しました。先生の指示が聞き取れず、ペアワークで自分が何をするかわからないこともありました。

そこで、放課後に学校に残って復習し、朝は自宅で予習しました。その甲斐あって、2週間目くらいからは先生の指示が聞き取れるようになり、次第に予習をしなくても授業についていけるようになりました。

コミュニケーション能力を身につけることも、目標の1つでした。学生のうちに、留学を通じてさまざまな人とコミュニケーションできる能力を身につければ、就職後に役に立つと考えたのです。そして実際に、私の人見知りな性格も少しは克服できたと思っています。

英語でできたことは日本語でならできると思えるようになった

今回の留学は、私を少し強くさせてくれました。何かできないことや辛いことがあっても、それを乗り越えられたら、その経験はその後必ず役に立つでしょう。また、たとえ留学中に乗り越えられなかったとしても、日本で同じようなことがあった時にそれを思い出して、「同じ失敗をしたくない」と思ったり「英語ではうまくいかなかったけど、日本語ではうまくいくはず!」と思ったりできると思います。

私は来年から社会人になるので、この留学で得た積極性を日本でもキープし続けたいです。意思疎通の難しい英語でさえ、積極的に発言しようと努力できたのですから、日本語の会話では、以前よりもっともっと積極的に話すことができると思います。私のように外国に行っていろいろな国の人々と交流を深めたい人や、コミュニケーション能力を向上させたい人にとっては留学という制度はとても有意義なものであることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る