【カナダのバンクーバー】大学2年生の時、大学の短期留学プログラム

バンクーバー短期留学

大学2年生の時、大学の短期留学プログラムでカナダのバンクーバーに約1か月滞在しました。

それは私にとって初めての海外、しかもホームステイということで、準備の段階から楽しみと不安な気持ちでいっぱいでした。短期留学のプログラムを受講するのはバンクーバーにあるブリティッシュコロンビア大学で、同じ大学から参加したメンバーは英会話のレベル別に2クラスに分かれました。それぞれのクラスで英会話の勉強をしたり、様々なアクティビティ(チャイナタウンに行ったり、先住民であるアボリジニの美術館に行ったり、乗馬をする等)毎日することが沢山あり、とても充実した毎日でした。

毎日の英会話の授業(授業中は日本語禁止、思わず日本語で隣席の友人に話しかけてしまった時は「あなたの日本語がみんなにうつる!」と厳しくしかられました)も、もちろん役に立ちましたが、何より自分が外国人になって他の国で暮らす、という経験が私にとってとても大きなものでした。ホームステイ先で居候しているのは自分のみ。家族との会話や日常のやりとり、注意事項など全て自分で解決しなければならなかったし、家族と良い関係を作るにはどうしたらよいか日々考えながら行動していました。ある日授業の宿題でホームステイ先でfamiry tree”を作ってくる、というものがありました。何のことだろう?と最初全く分らなかったのですが、日本でいう家系図のようなもので、名前だけでなくルーツがわかるよう出身国なども記載するものでした。その時、ホームステイ先のお父さんがボスニア出身であることから戦争に関する会話もし、核爆弾についての意見もお父さんから聞きました。頭で間違いのない英語を話そうと考えている暇はありません。大切なのは、相手の言っていることの意味をできる限り理解し、自分の意思を相手に伝えること。それが何より重要だと気付かされる毎日でした。それまでの自分は、明確なイエス、ノーを言えず、何となく相手が察してくれるのを待つタイプでしたが、イエスかノーかをはっきり言わなければ誤解が生じるので、自分の意見をはっきり言うようになりました。カナダは移民国家だからかもしれないですが、出会った人達みんなが、それこそ道を訪ねた通りがかりの人やたまたま入ったお店の店員さんまで、私のつたない英語を一生懸命聞き取ろうとしてくれたことに、とても感動しました。

初めての海外であったカナダでの短期留学で、私は小さなことは気にしなくなり、自分の意見をはっきりと言うようになりました。帰国後、母親から「きつくなった」と言われましたが、私はそれでよかったと思っています。自分が外国人として暮らし、カナダの人から親切にされたことにとても感動し、日本に帰国後は、日本にいる外国人に親切にしようと心に決め、外国人と接するときは特に笑顔で優しい対応を心がけています。つたない英語だろうが、「あなたと通じたい」という意思を示すことが、何より大切だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る