【カナダでワーキングホリデー】働きながら英語力もつくのがワーホリの魅力

カナダでワーキングホリデー

私は英語を学ぶ為、カナダのバンクーバーへワーキングホリデーで1年間行っていました。初めの3ヶ月間は語学学校で英語の勉強をし、その後働く事になりました。

語学学校はILSCという学校へ通っていました。初めての海外で不安もありましたが、ILSCには割と日本人で同じワーキングホリデーを利用して来ている人が多かったので安心しました。そこで日本人の友達が沢山出来たのでその後のカナダ生活もとても充実したものになりました。ただし語学に関してはやはり日本語を使う機会が多くなってしまうので、要注意です。語学学校を卒業し、実際働くとなると不十分な英語力だったと思いますが、働き始めてからの方が私は英語力が着いた気がします。

仕事で英語を使うために必死に勉強

海外で働くのはもちろん初めての事でしたが、私は日本食を扱うお店で働く事が出来たので、商品などは見慣れた物が多く働きやすかったです。和食は万国に人気がありますが、意外とカナダ人はお味噌汁が好きだという発見がありました。その為、お味噌汁の作り方を英語で聞かれ困りました。材料や出汁を英語で言えず、お客様を待たせてしまった事もありました。しかしその様な経験でより英語も上達した気がします。

また買い物の途中で買う前提の物を食べてしまう、支払いはクレジットカードが多い、偽札もよく出回っている。というような、日本との文化の違いも垣間見る事もが出来ました。

海外で仕事をするという事は、もちろん英語力を求められます。私は語学学校へ通っている時より、仕事をする為に必死に英語を覚えた気がします。

バンクーバーは日本人留学生のサポート体制が充実

また、住む環境でも苦労しました。初めはホストファミリーにお世話になり、その後は自分で住むアパートを探し、大家さんと交渉しました。大家さんがロシア人で英語になまりがある為何を言っているか分からず、こちらも十分に言いたい事が伝えられずやきもきしたのを覚えています。

日本と賃貸に関してもルールが違うので、環境に慣れるまでは少し大変でした。困った事が出来た場合はバンクーバーには留学生の為に日本語で相談出来る窓口がありましたので利用させてもらいました。パソコンなども使えたのでとても助かりました。

バンクーバーでの生活は沢山の友達、仕事仲間に恵まれ、色んな体験をさせてもらえた貴重な1年だったと思います。その頃に出来た友達とは未だに仲良くしてます。バンクーバーに友達がいるという事で気軽にカナダへ行けたり、バンクーバーへ行ってから海外に興味が沸き、世界が広がりもっと行ってみたい国が増えました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る