【中2の夏休みにオーストラリア留学体験談】英語の文化に触れたかった中学生時代にブリスベンへ

ブリスベン

私が短期留学(夏休みのあいだのホームステイ)に行ったのは、中学2年生の時でした。

その頃の私は、NHKでやっていた「フルハウス」などの海外ドラマに興味があり、英語の授業も好きで、他の科目よりよく勉強をしていました。そんな私が、海外での生活をしてみたい、と思ったのは自然なことかもしれません。親も、私が熱心に英語を勉強していたのを知っているので、ホームステイに行きたい、と行った時、いい返事をしてくれました。

私が行った所は、オーストラリアのブリスベンでした。ここにある、語学学校へ毎日通いました。同じように、英語を本場で学びたい、英語が好き、という中高生が6人くらい集まり、ひとつのクラスで日々英語を学びました。先生は、オーストラリア人の陽気な男の先生で、それと日本人の世話をやいてくれる女性の先生がいました。学んだ内容は、中学校の英語の授業とさほど変わりはありませんが、もちろん全て英語で行われました。ホームステイなので授業だけでなく、日常のすべてが英語の授業でした。

娘のように扱ってくれたホストマザー。お別れの時にはお互い涙

バスにひとりで乗って登校したのですが、とても緊張しましたが、慣れてくると途中でお店に寄ったりできるようにもなりました。ホームステイ先は夫婦のみの家庭で、私を娘のようにかわいがってくれ、お別れの時にはホストマザーは泣いていました。苦労は、やはりマザーとファザーは、日本語は全く話せないので、意思疎通が上辺だけになってしまったような気がします。本当はもっと別の言い方をしたいのに、と歯がゆい思いをしました。中学の英語レベルでは、なかなか難しいぞ、というのを痛感したと思います。

伝えられない時は、持って行った英和、和英が両方のっている辞書で、互いにひきあって、会話をしました。

海外での生活は、その後も「英語が好き」という気持ちを変わらず持たせてくれました。英語のスピーチコンテストに出たり、英検をとったり積極的にもなれました。

そこで出会った日本人のクラスメイトとも、しばらくは文通をしたり、年齢の違いがあったのに、友達になれました。また、英語とは関係ありませんが、日本人の世話役の先生に一度だけ叱られたことを今でもよく覚えています。

留学に行きたいと思ったら行くべき

クラスメイトたちと、確か、日本の先生の話か何かをしていて、皆である人のことを「きもちわるいー」と言って騒いでいた時です。「気持ち悪い、というのは、人に対して言う言葉じゃないでしょ!」と、いつもやさしい彼女が声を荒げました。この事は、今「きもいー」と平気で使っている人たちを見ると、いつも思い出します。

このようなことも含め、いろいろな人との出会いは、普通に暮らしていたら出会えません。学生で、英語に興味があったら、是非行くといいでしょう。一見は百聞におよばず。もし自分の子供が留学したい、と言い出したら、応援することでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る