服装・身だしなみは出会いの入り口

私は30歳男性で、仕事は小学校の先生です。高校生を相手にした塾の講師をしていましたが、学力を伸ばす、同時に営利を目的とする塾のスタイルでは無く、本当の意味での教育がしたいと思い、教員免許を所得して転職しました。職も安定したので、私もそろそろ結婚を…と考えていて、日曜日に婚活パーティがあれば積極的に参加しているところです。…自己紹介はこの辺にしておきます。

 数回婚活パーティに参加して考えたことがあるんです。「自分は一体どういう人間に見られているんだろう。良く魅せる為にはどうしたら良いだろう。」ということです。当然、その後の結婚生活を考えると、【外見・収入より、内面をしっかり見てほしい】という思いがありますが、短い時間での人との関わりですから、第一印象が良くないと内面を見る段階まで行けません。

第一印象は、表情や仕草、服装、声の大きさなどが関係して決まります。特に女性は足先と手先をチェックするようなので、そこに注意しながら身だしなみを整えました。以前は、キチッとした割と高いスーツを着ていれば大丈夫、ぐらいにしか考えておらず、細かいことは気にしたことがありませんでしたが、スーツは黒ストライプ系、ネクタイは少しかわいらしいデザインのブルー系、ベルトはくたびれていないもの、靴は茶色、爪をきれいに切って、短髪にしました。

効果はバツグンで、以前より積極的に話しかけられるようになりました。微妙な違いですが、身だしなみによる印象の違いを感じました。とはいえ、男性は基本スーツが良いとされていますので、そんなに悩むということではありません。私服の場合は、カジュアルモードを選んでおけば問題ないと感じています。

 女性は男性と違って様々な服装があり大変だと思います。運命の出会いになるかもしれない、そんな大事な場面で服装がネックになることは大いに有り得ますので、皆さん悩まれているかもしれません。そこで、個人的ですが私の感じることを書いておきたいと思います。是非、参考にしていただければと思います。

 まず、これは一般的だと思いますが、結婚を前提とした出会いの場で、胸を強調する服を着ている女性は嫌です。勿論、強調されれば胸を見てしまうのが男の性です。それでもコロッとはいきません。逆に、堅い印象を与えるパンツスタイルもあまり惹かれません。この辺は好みかもしれませんが、正直に言うと膝上ぐらいのスカートが好きです。出会った女性で好印象だった人の服の色を思い出すと、やはり白、淡いブルー、ピンクが基調となっていたことが多いです。

意識的に白を着てくる女性は多いと思いますが、それでも色から受ける印象は避けられないところで、優しく自然な笑顔でニッコリされると天使に見えます。(因みにアクセサリーは光っていれば見てしまいますが、あまり気にしたことはありません。)

 ただし、印象が良いと減点方式に考えてしまうのも事実です。一番ガッカリするのが、普段のキャラクターは全然違うんだろうなぁという仕草をしたときです。例えば、足クセが悪い、笑い話をしたときに普段使っている言葉が出てしまったときです。そのときには、この印象の良い服装が全て嘘臭さに変わってしまいます。男性側も良い格好をしていますし、普段とは違うというのは分かっていても、そう感じてしまうのです。

 最後にまとめると、キャラクターを引き立たせる、表情を引き立たせるのが服装です。第一印象を良くすることは大事ですが、こだわり過ぎて、本来の良さが見えないようになるのは勿体ないことです。出会いの入り口を開いたならば、自分に自信をもって婚活してほしいと思います。そして是非、私の前に現れていただきたいです。(笑)

(Mさん男性30歳)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る